撮影方法はネガフィルムと全く同じ。心配はいりません

今や写真といえばデジタルカメラやスマートフォンで撮るもの。「フィルム写真は撮ったことがない」という人が圧倒的に増えています。かつてはフィルムで撮っていた人の多くも、最近はデジタルカメラやスマホで撮っていることでしょう。

しかし、そうした時代になっても、富士フイルムの「写ルンです」で撮ったり、最近フィルム写真が、ちょっとしたブームになっているようです。専門店であれば、ロモなど海外の製品も含めて、多くの種類の(ちょっと変わった?)フィルムも並んでいます。こうした“ネガフィルムでなら、写真を撮ったことがある”というかたなら、いらっしゃるのでは?

リバーサルフィルム”の名前を初めて聞いた方も多いでしょう。でも写真専門店に行けば、まだちゃんと売られていますよ(笑)。但し、種類はごく限られますが。

“写ルンです”のようにあらかじめパッケージングされたものはないので、まずカメラからという方も。中古カメラなどから始められてはいかがでしょうか。

 

右に置かれているフィルムは、生産が終わってから、既に相当の年月が経つ“コダクローム”というリバーサルフィルムです。歌のタイトルになったこともあり、世界で最も有名なフィルムかもしれません。その独特の色合いに魅了された人は多く、継続を望む声が上がりましたが、特殊な現像方法や採算性から終了となりました。残念ながら、私はコダクロームで撮影したことはありません。もう現像もできません。そして未使用のままの、この1本が使われることなく手元に残っています。