石鹸箱の見た夢

デジタルカメラの撮像素子サイズに名を残し、マニアックなお店で在庫フィルムが売られているのを見る程度になったAPS。デビュー時、私も期待した一人でした。そのころ流行っていた、上下カットタイプの「疑似パノラマ(分かります?)」ではなく、35mmフィルムよりサイズは若干小さくなるとはいえ、上下幅をいっぱいに使ったワイドな写真が撮れるのが魅力でしたし、簡単にフィルム交換が(撮影途中でも)可能、現像済みフィルムはパトローネにはいったまま戻され、コンタクトプリントが付属。そして一眼レフであってもコンパクトなサイズが、街角をぶらぶら歩いて撮る自分にはとても合う、と思いました。また、当時フィルムスキャナを使っており、スリーブのフィルムを専用ホルダーにセットしてスキャンすることに圧倒的な面倒くささを感じていた私にとって、専用のアダプタにパトローネをセットしてスキャンができる、というのも魅力でした(アダプタ、購入したはずなんですが一度も使った記憶がない。スキャナも随分前から不動ですね)。

良い事づくしに見えたAPS一眼レフ。私が購入したのはニコンとミノルタでした。ニコンはそのころ持っていたレンズが活かせたこと、ミノルタは専用システムを新規に立ち上げたので、よりコンパクトでAPSの魅力を最大限に享受できると考えたからです。

ニコンはプロネア600iと後半に出たプロネアSを購入。しかし、どちらも出番は殆どありませんでした。ミノルタのベクティスS-1の方がいじっていて何倍も面白かったからです。従来のレンズを活かせるニコンとは比べものになりませんが、専用設計されたベクティスのレンズのいくつかは、新時代のカメラ普及のためか気合が入っていたというか写りもよく、よく連れ出しては撮影していました。私は持っていませんが、400のレフレックスレンズもあったようです。しかし、他社(特にキヤノンEOS IXE)の先進性あふれるデザイン比べると、ベクティスS-1はお世辞にも、かっこいいとは言えませんでした。レンズの着いていないそれは、まるで「石鹸箱」のように見えたものです。

その後すぐにデジタルカメラが急成長を遂げ、APSカメラ(含むフィルムカメラ)が市場から姿を消したのはみなさんもご承知のとおり。しかし、私もニコンのプロネアSこそ手放しましたが、それ以外はまだ手元にあります。今回、この記事を書くにあたって動作確認をしてみましたが、少なくともベクティスの1機は動きました。バッテリーパックのついた方は、パック装着時に外したバッテリー挿入口の蓋を戻すのが面倒で未確認。ニコンプロネアはベクティスと同じCR-2だとばかり思っていたバッテリーがCR-123でテスト不能。でも、最低1機は可動させることができます。

実は手元にAPSのリバーサルフィルムが2本あります。カメラを買ってしばらくしてこのフィルムも購入していたのですが、デジタル時代となり撮るタイミングを逸し続け、この「リバーサルフィルムを無くさない企画を」立ち上げたときに、これは撮らねば!と思ったのですが・・・。期限はとうの昔(2003年7月)に切れ、もはや「写っていれば儲けもの」状態。まあ、少なくとも手持ちのカメラで撮ることはできそうです。でも、ちゃんと期限内に撮ってあげたかったな。

石鹸箱などとひどいことを書きましたが、関係した各社に様々な事情があったにせよ、開発に関わった技術者の不断の努力によって、それまでになかった画期的なフィルムカメラは生まれました。時代に残した足跡はそれほど大きくなかったかもしれませんが、カメラ好きとしてなんとか動態保存できるといいな、と思っています。

それにしてもリバーサルって、どんな状態で返却されるのでしょう?まさかパトローネに入ったまま?!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    橋本けんいち (木曜日, 30 8月 2018 00:56)

    APSフィルムを触ったことがない自分にとって興味のある記事でした。知ってるのはデジタルのAPS-Cのオリジナルらしいってことぐらいです。しかもそれのリバーサル、すごく面白そうです。
    古いフィルムみたいですが、写っていて欲しいです。
    それにしても当時からスキャナー使ってたんですね。高かっただろうと思います。

  • #2

    本人 (木曜日, 30 8月 2018 18:09)

    コメントありがとうございます。特にミノルタは他メーカーに比べて本気度が違っていて、その心意気に打たれました(笑)。とにかく面白そう!という気持ちが強く、仕上がりも本当にきれいだったので(写真屋さんの腕かもしれませんが)、こちらもどんどん本気になりました。ミノルタはこのベクティスをベースにデジタルカメラも出しています。それくらいシステムとして力を入れていたのだと思います。
    APSのリバーサル、現像してくれるところを探して見ます!
    スキャナはそんなに高価なものではなく、当時はネガをデジタル化するために、使っていた感じです。今では、フィルムを出すとプリントせず、デジタル化する人も多いようですね。結局デジタルかぁ、と思っちゃいますけど。